地域発展に貢献  市表彰 

 2018年8月8日付の山陽新聞に、玉野市は市制記念日の3日、自治功労者の表彰式を市役所で開き、市民6人を有功表彰、弊社を含む3社を善行表彰した記事が掲載されました。






    岡山豪雨被災者支援に義援金 

 2018年7月12日付の山陽新聞に、岡山豪雨の被災者支援のため山陽新聞社会事業団にナイカイグループとして義援金300万円を寄託した記事が掲載されました。
 一日でも早く被災地が復興されることをお祈りいたします。







    人材育成に役立てて 

 2018年2月28日付の山陽新聞に、当社が玉野市の人材育成事業「たまの版地方創生人財育成プロジェクト」への支援金として300万円を寄付した記事が掲載されました。







    岡山県経営者協会新会長インタビュー 

 2017年8月18日付の山陽新聞に、当社の野ア社長が岡山県経営者協会の新会長としてインタビューをうけた記事が掲載されました。







    独身寮が完成しました 

 平成28年11月2日、新独身寮が完成しました。全室バス・トイレ付き個室20部屋と共用棟は食堂、ラウンジ、研修室等で構成される建物で、工場が眼下に見える高台に新築しました。寮生は旧独身寮から転居を始めています。


 ▼ 新独身寮 外観


 ▼ 新独身寮 外観                                ▼ 独身寮 研修室


 ▼ 吹き抜け


 ▼ エントランス                                  ▼ ラウンジ


 ▼ テラス


 ▼ 独身寮 正面玄関                              ▼ 食堂





    メガソーラー 玉野で竣工式 

 2016年4月1日付の山陽新聞に、当社所有地で事業展開されるOC東野崎太陽光発電所竣工の記事が掲載されました。






    玉野市から善行表彰 

 2015年8月7日付の山陽新聞に、当社が玉野市から善行表彰された記事が掲載されました。






    日本海水学会 学会賞受賞 

 2015年6月17日付のたばこ塩産業新聞に、当社の野ア社長が日本海水学会の学会賞を受賞し、受賞記念講演を行った記事が掲載されました。
 企業経営者が同学会最高峰の学会賞を受賞するのは初めてのことです。
 6月4〜5日、横浜市の神奈川大学で開催された日本海水学会第66年会の総会で日本海水学会賞が発表され、「塩および海水等の科学技術に関連する学術および技術の発展に多大な貢献をした者」に贈られる学会賞に当社の野ア社長が選ばれました。
 野ア社長は「塩専売制度廃止期において国内製塩事業の継続を目指して」と題して受賞記念講演を行いました。







    食品新聞に塩製品ハラール認証取得の記事が掲載されました 

 2月27日付の食品新聞に、当社の塩製品ハラール認証取得の記事が掲載されました。
 「過去最大の外国人の方々が観光やビジネスで訪日される時代となり、イスラム教徒の方々にも安心して食品を召し上がっていただきたい。ユネスコの和食の世界遺産登録もあり、日本食、和食を世界へ輸出する動きも活発化しており、輸出の際にもお客さまに安心してご使用いただければと思っている。」との弊社社長の談話も紹介されています。







    塩製品のハラール認証を取得しました 

 1月19日、弊社はすべての塩製品について日本ムスリム協会からハラール認証を取得しました。
 既に、2012.5.29 化成品の一部の製品(結晶硫酸マグネシウム<食添>、炭酸マグネシウムTT<食添>)について日本ムスリム協会からハラール認証を取得しておりますが、安全安心な弊社製品をさらに広く多くのユーザー様がご使用下さることを願い、塩製品全般についてハラール認証を取得いたしました。







   倉敷市と玉野市に公益寄付をいたしました 

平成26年11月11日付 山陽新聞(朝刊)

 当社は本年創業185年、会社設立80周年を迎えました。このことを記念して、11月7日、子供たちの安全を願い、地域のために役立ててほしいと玉野市と倉敷市に各1千万円を寄付させて頂きました。


平成26年11月14日付 山陽新聞(朝刊・全県版)




   『龍の仕事展』に出展しました 

 開催期間中に弊社ブースにお立ち寄り頂いた皆様方、ありがとうございました。












   『龍の仕事展』に出展します 



 2014.9.13〜21 倉敷アイビースクエアで開催される『龍の仕事展』に今年も出展します。

 弊社ブースにぜひお立ち寄りください。





   名古屋営業所が移転しました (2014.9.16〜) 

   〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-26-22  名駅ビルディング5階
            tel/fax 052-582-8811 / 052-583-4874





   ファジアーノ岡山を応援しています

 当社は、サッカークラブチーム『ファジアーノ岡山』(J2リーグ)をスポンサー企業として応援しています。
    http://www.fagiano-okayama.com



     2014/06/21  対戦相手 : 横浜FC  場所 : kankoスタジアム



   技術革新の歴史語る ナイカイ塩業 野ア社長が講演

平成26年4月12日付 山陽新聞(朝刊)
 岡山経済同友会の会員が大学の教壇に立つボランティアプロフェッサーが11日、岡山大で始まり、初回はナイカイ塩業の野ア社長が講演しました。




   塩と人の関わり学ぶ 山田地区で講演、史跡ツアー

平成26年4月3日付 山陽新聞(朝刊・玉野圏版)
 山田地区の塩田について理解を深めるイベント「しお里の歴史・文化を学ぶ」(山田まちづくり講座主催)が旧専売局味野収納所山田出張所とその周辺で開催されました。




   食用塩公正取引協議会がプレゼントキャンペーン






   中電工とオリックス 太陽光発電事業で提携 

平成26年3月27日付 山陽新聞(朝刊)
 来秋、弊社塩田跡地約5.5haに太陽光パネル約18,600枚を設置して、年間発電量が一般家庭1,500世帯分に相当する発電事業を開始される予定。




   福岡営業所が移転しました (2014.3.24〜) 

   〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-2-2  博多東ハニービル7階
            tel/fax 092-473-6251 / 092-473-6252





   東野崎の塩田跡地に整備 メガソーラーが稼働 

平成26年1月8日付 山陽新聞(朝刊)
 出力990キロワット、全量売電




   安定雇用で地元に恩返し 

平成26年1月5日付 おかやま財界
 地域に根差した企業として、これからも恩返しを




   大阪営業所が移転しました 

     〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-6-8  御堂筋ダイワビル12階
            tel/fax 06-6245-4191 / 06-6251-0246





   今年も『龍の仕事展2013』に出展します 

 期日 2013.9.14〜23 9:00〜17:00
 場所 倉敷アイビースクエア・アイビー学館
 ● 倉敷アイビースクエア・アイビー学館
   http://www.ivysquare.co.jp/cultural/study.html


高梁川流域の企業文化
晴れの国に棲む
龍の仕事展2013

高梁川に点在するモノづくり企業が、企業文化に焦点を当てた地域文化の展示を行いますので、ぜひお越しください。
『龍の仕事展2013』パンフレット(PDFファイル)





   塩田の歴史を辿るスタンプラリー 


平成25年4月1日付 山陽新聞(朝刊)
 『塩田の歴史に思いはせ  50人解説受け史跡巡る
                   −山田地区で初のスタンプラリー』





   当社塩田跡地のメガソーラー設置に関する報道 


平成25年2月1日付 山陽新聞(朝刊)
 『玉野にメガソーラー 塩田跡地に出力14メガワット 中国電力子会社と三菱商事』

平成25年2月1日付 日本経済新聞(朝刊)
 『塩田跡地にメガソーラー 中国電力と三菱商事』




   野ア家コレクション展のパンフレットができました 

野崎家コレクションU 個性集う地方サロン
 平成25年3月5日〜4月7日 岡山県立美術館


   3/22 美術の夕べ
   3/16 煎茶の世界を知る
   3/23 速水流による点茶席




   『龍の仕事展2012』に出展しました 

2012年9月15〜23日、倉敷アイビースクエアで開催された龍の仕事展2012に弊社から初めて出展しました。 今回出展した企業は50社、開催期間中の来場者数は約8,000人でした。    




   『龍の仕事展2012』に出展します 


 晴れの国に棲む龍の仕事展2012に出展します。
 ブースでは弊社製品や塩業歴史館をご紹介いたします。
 高梁川の母なる川がもたらす恵みのお蔭で弊社の今日があります。流域で育まれた数々の企業文化をほんの少しでもお伝えできればと願っています。


     主 催 龍の仕事展実行委員会
         (岡山県備中県民局地域活力創出事業)
     期 間 2012年9月15〜23日 9:00〜17:00
     場 所 倉敷アイビースクエア・アイビー学館
         〒710-0054 岡山県倉敷市本町7-2


 龍の仕事展のコンセプト

 「龍」とは「高梁川」のことです。高梁川は私たちが暮らすこの地に数多くの恵みを与えてくれました。私たちはいつもその高梁川に感謝しながら、胸を張って次の世代へ受け継げるモノを生み出していきたいのです。(パンフより一部抜粋)

   ∇ 龍の仕事展のパンフレットはこちらからどうぞ・・・
       龍の仕事展のパンフレット(PDFファイル)


    ● 倉敷アイビースクエア・アイビー学館
       http://www.ivysquare.co.jp/cultural/study.html


[ 最新ニュース | 会社概要 | 塩事業 | 化成品事業 | 不動産事業 | 塩業歴史館 ]
[ トップページ ]